エレクトロニクス実装学会誌は、エレクトロニクス実装に関する研究論文・最新技術動向を探る特集記事などを奇数月に隔月刊行しております。毎年8月には全冊特集号を発行しています。論文の投稿は随時受付しています。

よくある質問

論文投稿・論文審査に関するよくある質問_エレクトロニクス実装学会誌

「エレクトロニクス実装学会誌」への論文投稿・審査過程でいただいたお問い合わせ内容を掲載しております。
論文を投稿する前にお読みください。皆様の投稿をお待ちしております。

  • 論文掲載までの審査の流れはこちら
  • 論文審査日数の目安はこちら

Q1.投稿前

1-1.「エレクトロニクス実装学会誌」に掲載される論文の種類
  • 研究論文…該当分野で行なわれた研究について有用性・発展性のある新しい技術・知見・理論を報告したもの
  • 総合論文…著者自身が発表した一連の論文をまとめて総合的に考察を加え、独創的かつ価値のある知見を得たもの
  • 速報論文…エレクトロニクス実装技術の発展に有益な内容を含み、速やかに発表する必要のあるもの
  • 論文以外の投稿(編集委員により査読される)…技術報告・解説・誌上討論・一般寄稿

◆詳細は 投稿規定の運用細則 第2条をご参照ください。

1-2.論文を投稿するために必要な準備
  • 投稿資格の確認
  • 論文種別の選択(1-1をご確認ください)
  • 論文に関連する実装技術分野とキーワードの確認
    • 実装技術分野のリストをご確認ください。※審査を円滑に進めるために、執筆する論文がどの「小分類」に当てはまるかについてもご確認ください。
分類 キーワード
大分類 小分類1 キーワード1 キーワード2 …

実装技術分野とキーワードのリスト: PDF HTML

1-3.投稿方法
  1. 投稿に必要なファイルを準備する
  • 原稿ファイル
  • 図・表ファイル(原稿に図表を入れていても可)
  • 署名済みの著作権移譲承諾書ファイル
  1. 論文投稿・査読管理サイトにユーザ登録
  2. JIEP会員番号の確認 ※投稿の際、JIEP会員番号が必要になります。
  3. 論文投稿・査読管理サイトにログインして投稿(ファイルのアップロード)

◆詳細は簡易版投稿マニュアルをご確認ください。
◆社内環境の問題等で、上記のサイト経由で投稿できない場合は1.のファイルをJIEP編集事務局宛にお送りください。

1-4.英文論文の投稿
  • 投稿手続きは日本語・英語で行えます。
  • 審査結果を日本語または英語で連絡しますので、希望がありましたら投稿時に連絡ください。
  • 査読者への回答等も日本語または英語で行えます。
  • 英文添削を済ませてから投稿してください。掲載決定後、学会に英文添削を依頼する場合は有料になります。
1-5.論文ファイルを差し替えたい
  • 審査開始前でしたら差替え可能です。編集事務局までファイルをお送りください。
  • 重大な変更理由がある場合は、審査中でもご連絡ください。査読者・編集委員に連絡します。
1-6.論文の受付期間、期日は
随時投稿を受付しています。
エレクトロニクス実装学会誌は隔月発行しておりますので、発刊に合わせて掲載されます。
1-7.英文論文誌(Trans JIEP)への投稿
英文論文誌”Transactions of The Japan Institute of Electronics Packaging(Trans JIEP)”も随時投稿を受付しています。原稿一式を編集事務局宛にメール送付ください。
発刊は年1回ですが、採録決定したものから順次公開いたします。

Q2.審査中

2-1.JIEP編集事務局からの問合せメールがあった場合
論文投稿後、投稿規程に沿って執筆されているか等を確認しています。
修正投稿時に回答または修正を行ってください。
2-2.審査状況の確認
論文投稿・査読管理サイトにログインして、審査状況をある程度確認することが可能です。詳細な状況を知りたい場合は、JIEP編集事務局までご連絡ください。
2-3.修正原稿の提出期日
  • 速報論文は1ヶ月、他は3ヶ月以内に提出いただかなかった場合再投稿の扱いとなります。投稿システムでは目安として審査結果通知後21日を期限としてお伝えいたします。
  • 提出が遅れる際は、JIEP編集事務局までご連絡ください。
2-4.修正投稿で論文タイトルを変更した場合
著作権移譲承諾書を再度ご提出いただく必要があります。JIEP編集事務局までお送りください。
ファイルはこちらよりダウンロードできます
2-5.査読回数
回数に制限はありませんが、審査が長引けば著者様の不利益にもなりますので、査読結果に沿って修正ください。
また修正の際に質問等ありましたら、JIEP編集事務局までご連絡ください。

Q3.最終判定後

3-1.掲載可(Accept)の場合
和文論文の場合
  • 学会で英文アブストラクトのネイティブチェックを行います。後日添削結果を連絡しますのでご確認をお願いします。
  • 英文アブストラクトの確認後、雑誌掲載用の初校をお送りしますのでご確認ください。原則として大幅な加筆は認められていません。ご了承ください。
英文論文の場合
  • 英文のリライトが必要な場合、ご連絡いたします。添削した原稿を提出ください。もしネイティブチェックが受けられない場合は、有料で学会が添削します(詳細はお問い合わせください)。
3-2.掲載不可(Reject)の場合
  • 審査結果をご確認いただき、異議等ございましたらJIEP編集事務局までご連絡ください。
  • 掲載不可の結果連絡後に論文を修正いただき、新規投稿として再投稿いただくことも可能です。再投稿である旨をお伝えいただければ、審査期間が短縮されることもあります。
3-3.論文掲載のタイミング
原則、学会誌の発行される奇数月の1ヵ月半前までに掲載可となった論文を掲載します。
(例:2号(3月発刊)の場合…1月15日頃採択)
3-4.論文を転載したい
エレクトロニクス実装学会誌に掲載された論文の著作権は、学会に移譲されているため
事前に学会事務局までご連絡ください。転載の手続きをご案内いたします。
ここでの「転載」とは、書籍や論文への掲載の他、翻訳したものの発行、自社のWEBサイトやResearchGateなどSNSへの掲載等も含まれます。
3-5.自身の論文PDFをダウンロードして配布したい
エレクトロニクス実装学会誌に掲載された論文の著作権は、学会に移譲されているため
事前に学会事務局までご連絡ください。

3-6.別刷りをCDで購入した場合の配布について
著者様ご自身が著作権法の範囲内で、紙に印刷して配付することは問題ありません。
(学会誌等の投稿規定の(著作権および出版権)第3条2項の内容)
電子媒体での配布については、事前に学会事務局までご連絡ください。

投稿に関してご不明な点がありましたら
編集事務担当までお気軽にお問合せください

PAGETOP
Copyright © エレクトロニクス実装学会 All Rights Reserved.